Zoomセキュリティーに問題!プライバシーに影響あり!新型コロナの影響で利用者が急増!

NEWS

新型コロナウィルスの影響で在宅で仕事など会議をすることが増え利用者が急増しました。利用者が1クリックで繋がれる事や録画が簡単に使えるなどで、今年に入り2億人以上まで利用者が増えたとの事です。だが2020年に入ってプライバシーセキュリティーに問題がある事で批判の声が増えている。

Zoomはなぜセキュリティーに問題があると言われたのか?

新型コロナウィルスの影響が世界的に広がってしまったため、ZOOMの機能を使って会議することが増えているが、それと同時に ZOOMのセキュリティ問題が発見されている。

ハッカーのパトリック・ウォードルは新たにバグを発見したともいっている。このバグを悪用するこどでパソコンをハッキングしたり、スパイウェアを知らないうちにインストールする事ができてしまうという。

Zoomのが提供しているビデオ会議の内容がに暗号化できていない事を明らかにしました。メールアドレスも盗み出せる可能性まで出てきた。

アメリカ連邦捜査局FBIはZoomを使っている最中に、知らない人物がいきなり会議に割り込んできて、人種を悪くいったり、画面をのっとり画面上に画像を流したりしたという報告が頻繁に起こったと発表した。

Zoom Bombing(ズーム爆弾)

ズーム爆弾とは知らない人がチャットルームに侵入し、不適切な言葉でをいいふらしたり、攻撃的言葉を発したりする事です。

チャットの脆弱性

損害の恐れがあるユーザーチャット蘭にURLをハイパーリンク開けさせようとする事で、情報流出危険があると一部セキュリティー機関が発表しました。

コンピューターのユーザーネームとパスワードハッシュが【パスワードの寄せ集め】が相手側の誰にでも見えてしまうという事です。

現時点では、最新バージョンに更新する事で対処されいます。

エンドツーエンドの暗号化について

エンドツーエンドの暗号化とはビデオ通話のデータが転送中に絶えず暗号化され、仮にZoomであったとしても、データにアクセスできないという事だ。

暗号化についてZoomはエンドツーエンドではなかった、ZOOMはエンドツーエンドで暗号化されていることを特徴のひとつであると偽って訴求していたのだ。なのでセキュリティーからは指摘を受けた。

まとめ

今現在もZoomを使用するユーザーは増えています。今後のZoomの動きにも注目ですね。会議中などに変な動画が流れた嫌ですよね。

ですがもの凄く便利ですよね。今後も改善していいアプリを作って欲しいです。

タイトルとURLをコピーしました