車の寿命を縮めてしまう!無意識にやってしまっている!NG行為とは?

雑学

車は消耗品であり、いつかは買い替えなければなりません。しかし自分のお金で買ったなど大切にしているなどで長持ちさせたいと思いますよね。ですが車の寿命を早めさせている様な運転をしていると本来よりも車は長持ちしません。普段からの癖などで車の寿命を早めせてしまう様な事はしていませんか?今回は車の寿命を減らしてしまう行為をご紹介していきます。

車の寿命を早めてしまうとは?

 

車も寿命がきてしまいましい、いつかは買い替えをしなければならない日がきます。寿命がこなくても、不具合が起こる事ってよくありますよね。エンジンの振動が大きくなってきたなど、エンジンルームからの異音など、ハンドルを切ると『キー』や『カタカタ』などの音が聞こえたりなど、様々な不具合って起こってしまいます。

でもやっぱり頑張って働いたお金で買った愛車なので、長く乗り続けたいですよね。愛車に長く乗り続ける為にしてはいけないNG行為などついて説明していきます。

是非車の寿命についての知識を理解して、できるだけ車を傷めないようにしましょう。

車のNG行為!

据切り

据切りとは車が動いてもいない時にハンドルを回す事です。足回りに負担をかけてしまいます。ですが許容範囲もあります。縦列駐車や狭いスペースに車を止める据切りを行うことで切り返しの回数を少なくでき、時間を短縮できます。昔はパワーステアリングを搭載している車が少なかったのですが、最近ではほとんどの車にパワーステアリングが搭載されています。ハンドルも軽いので簡単に動いていない状態でハンドルを切ってしまいます。当然タイヤの減りも早くなります。その上もの凄く重い車を動かすのに車の足回りにもの凄く負担をかけてしまいストレスやダメージを蓄積される恐れがあります。

急発進!急ブレーキ!急ハンドル!

知らない方もいるかもしれませんが、急発進などはエンジンやミッションなどに大きな負担をかけてしまいます。急発進、急ブレーキ、急ハンドルは車の寿命を縮める行為だと考えましょう。ですが急発進、急ブレーキ、急ハンドルをたまにやる程度なら問題ありません。しかし、いつでもどこでもやっている人は要注意です。動きのひとつひとつが乱暴になると劣化を早めてしまいます。

駐車場にある車止めにタイヤを当てる

駐車場に設置してある車止めに勢いよく車のタイヤをぶつけて停める方はよくいますよね。車止めに軽く当てる程度なら問題ありません。勢いよく止めてしまうのはタイヤやサスペンションには優しいとは言えません。しかしこれも勢いよく当てる事を続けてしまうと負担をかけてしまい車に良くありません。寿命を減らす一つですね。

暖気せずに運転してしまう!

暖気はなぜ必要?暖気をせずに走るという事は、人が準備運動をせずにいきなり走るような感じです。エンジンを付けた直後はエンジンオイルなどの循環が整っていない様な状態です。そこで急激に負担をかけると、エンジンにも良くないという事です。エンジンに余計な負担をかけない為にも、暖気は行いましょう。

 

まとめ

思い出の詰まった愛車には、できるだけ大切に長く乗りたいですよね。
長く乗るためには、車のメンテナスをしてあげて車の負担を減らしてあげ大切に扱ってあげましょう。

ご紹介した内容も参考にしていただければ幸いです。

 

タイトルとURLをコピーしました