花火大会の費用はいくらかかっている?一発の値段は?

未分類

花火大会の花火が打ち上げられる数は10000発から多い所では40000発、これだけの花火を打ち上げるのいくらかかっているでしょうか?花火大会でかかる一億かかるともいわれております。花火を一発の値段はいくらなんでしょうか?

花火大会の費用はいくら?

花火大会を一回、開催するのにどのくらいの費用がかかっているか知っていますか?花火大会にあげられる花火玉のお値段をご紹介いたします。

 

号数 花火玉の外径 値段 開く大きさ 高さ
3号玉 9cm 3000円〜5000円 60m 120m
4号玉 12cm 5000円〜8000円 130m 160m
5号玉 15cm 9000円〜15000円 170m 190m
6号玉 18cm 15000円〜21000円 220m 220m
7号玉 21cm 24000円〜30000円 240m 250m
8号玉 24cm 35000円〜50000円 280m 280m
10号玉 30cm 50000円〜80000円 320m 330m
20号玉 60cm 500000円〜700000円 480m 500m
30号玉 90cm 120000円〜1700000円 550m 600m

ここに書かれているサイズ以外にも世界で最も大きい花火玉は新潟県片貝祭りであげられる40号玉で打ち上げられた時に開く大きさが直径750mもあり、ギネスブックにも登録されています。お値段はなんと250万円以上するとか、250万円の火薬の塊が空に舞うと考えたらなんだか凄いですよね。

ですが花火大会にかかる費用は花火玉だけではありません。もちろん会場の宣伝費、警備費、人件費、設備費などにももの凄くお金がかかります。隅田川花火大会の開催費用1億5000万円もかかるといわれております。

 

花火大会の費用はどこから出ているの?

夜空を綺麗に彩る花火大会ですが有料の観客席もありますが、ほとんどの方が無料でみますよね。決して安くはない花火大会ですが、費用は誰が支払っているのでしょう?

花火大会の莫大な費用の多くは寄附金や協賛などで支払われております。打ち上げ時にスポンサーや協賛企業名がアナウンスされるのを一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

花火大会は訪れる数は数万人単位の人が集まるイベントです。大勢の来客者は公共交通機関など自分の車や飲食店、ホテルなどを利用する事によって金を使います。つまり花火大会を開催する事で、大きな経済効果が生まれるのです。

まとめ

花火は夜空を綺麗に彩り感動を与えてくれます。ですが大きな花火を一発を打ち上げられる様な花火には物凄いお金がかかっていたんですね。開催費用もただならないです。ですが経済的に恵まれずになくなってしまう花火大会もでてきています。

そこで最近注目されているのが有料席です。混雑を避けるために有料席を確保したいという人が増え、運営側からすると大きな収入源です。

花火大会の応援にもなりますし、これで立て直す花火大会が一つでも増えるといいですね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました