家の中で雑菌がトイレより多い場所とは?雑菌の除去方法とは?

雑学

実は家の中でも雑菌は多いのです。仕事や遊びで外から帰ってきて、手洗いなどをしていても雑菌は家に大量に存在しています。例えばスマホもそうなのですが、携帯を外で使い家に帰ってきて雑菌のついた携帯を触ってしまえばせっかく、手を洗ったのに手にまた雑菌がついてしまいます。携帯はトイレの10倍以上とも言われています。家の中でも、トイレより雑菌まみれた物がたくさんあります。今回は雑菌の多い場所と、雑菌の除去方法をご紹介していきます。

雑菌が多い場所

潔癖症でなくても最近はコロナウィルスも流行り雑菌やウィルスに対してデリケートになっている方も多いのではと思います。

こちらは感染症の話しにはなりますが、今はコロナウィルスが流行っているので、一応これも書いておきます。医事法6法にはこう書いてあります。

(国民の責務)

第四条 国民は、感染症に関する正しい知識を持ち、その予防に必要な注意を払うよう努めるとともに、感染症の患者等の人権が損なわれることがないようにしなければならない。

 

私たちの自宅には、特に菌が繁殖しやすい要注意スポットもたくさんあります。

キッチンのスポンジ

一般的家庭内でもっとも菌が多いのはスポンジでした。雑菌は便座の20万倍ともいわれ、普段から濡れていて食べ物のカスによって、菌の増殖しやすい場所なのです。家庭内で1番汚いものはスポンジと言いきる学者まで出てきました。ずっと使い続けるのではなく定期的に買い替えましょう。

 

除菌方法

耐熱性のある器にスポンジを入れ、熱湯を沸かし熱湯をかけます。しっかりつけたら、水で冷やします。その後、水気をよくきって日光の当たるところで、干し乾かします。熱と日光で除菌します。

 

トイレの床

トイレの床も目には見えないですが、結構雑菌が付着しています。トイレを済ませたらトイレの便器を閉めましょう。トイレを流した時に水が飛び散ってしまいます。トイレの床は、尿や水滴などがつきやすく雑菌が多いのです。

除菌方法

水250mlに対してハイターを12.5mlいれる。ペットボトルを使うといいですよ。

【ペットボトルのキャップが5mlなのでキャップ2.5杯分いれると12.5mlになります】

携帯 スマートフォン

スマートフォンの雑菌の数はトイレの10倍以上ともいわれています。ですが携帯を拭いたりお風呂に持ち込んだりしている人もいる為、全ての携帯が雑菌が多いとまではいいません。個人差もあります。それと携帯についている雑菌が全て有害なわけでもありません。ですが最近ではインフルエンザやコロナウィルスが付着して家に持ち帰ってしまうと困ります。たまにはアルコールなどで拭いておきましょう。

 

除菌方法

1番良いのはUV除菌ボックスにいれる事です。最近は携帯専用のUV除菌ボックスが出ています。

70%イソプロピルアルコールや、アルコール入りの除菌シートや布につけて、スマートフォンの外表面をやさしく拭いていく。

パソコン

パソコンキーボードにはトイレの5倍以上の雑菌が、汚れを蓄積していきます。その上ノートパソコンには熱がある為、皮脂や汗と混ざり、雑菌が増殖しやすいのです。定期的にお掃除していきましょう。

除菌方法

エタノール入りの専用クリーナーで優しく拭いていく。無水エタノールは電流を流す事もなく、すぐに蒸発してしてしまう性質を持っています。

 

除菌にはエタノールが最適!

エタノールは細菌やウイルスのタンパク質に直接、攻撃して死活、あるいは不活性化させてくれます。エタノールにも種類がありますが中でも除菌に向いているのは『消毒用エタノール』です。

※全ての菌を完璧に除菌できるわけありません。

まとめ

家の中や身近に雑菌はたくさんいます。スポンジが一般家庭内で1番雑菌が多いなんてびっくりです。もちろん人間に害がない菌もいます。ですが増殖しすぎたら大変な事になります。

増殖させない為にもまず除菌を心がけてください。

ですが家に帰ると手洗いうがいも忘れずに!

 

タイトルとURLをコピーしました