マックブックの充電の減り早いなと感じたら?バッテリーの対処方法!長持ちさせるのは?

雑学

MacBookのバッテリーの持ちが悪いなと思う方は多いと思います。 MacBookやノートパソコンにはバッテリーが搭載されています。ですがバッテリーに負担をかける使い方をしているとバッテリーの寿命が短くなってしまいます。MacBookを充電できない場所などに持ち運びをし作業をする時に充電の持ちが悪いと致命的ですよね。今回はMacBookのバッテリーの寿命を長持ちさせる方法をご紹介していきます。

まずはバッテリー状況の確認する方法から

MacBookのバッテリー確認方法はMacBookのデスクトップ画面の左上にあるリンゴのマークをクリックします。

クリックすると次はこのマックについての部分をクリックします。

このマックについてをクリックするとこの様な画面が出てきます。出てきたらシステムレポートをクリックします。

 

 

次に左の項目から電源と書いてある部分をクリックします。文字は凄く細かいのですが、状態情報と書いてある部分に自分のMacBookのバッテリー状態が確認できます。

表示される種類は4種類です!

  • 正常
  • 間も無く交換
  • 今すぐ交換
  • バッテリーの交換修理

この4種類が表示されます。今すぐ交換という表示がされるまではバッテリーの交換はしなくても良いのですが、感覚的にバッテリーの持ちが悪いと感じる事はありますよね?でもバッテリーを買い替えるのって時間もかかるしお金もかかるので大変です。そこで今できるのはバッテリーの寿命を縮めない事です。

バッテリーの持ちを伸ばすには?

 

経年劣化はもちろんあり、どうしても仕方ない事です。使い方でも変わるので説明していきます。

  • フル充電後は充電アダプターを外す
  • MacBookを充電したままあまり作業しない
  • 充電しっぱなし
  • 激しい温度変化

Appleが公式に発表しています https://www.apple.com/jp/batteries/maximizing-performance/ 

バッテリー残量は20%〜80%の間で使うのが良い

バッテリー残量が多すぎても少なすぎても良くなく、20%〜80%の間で使用するのがもっとも良いという情報です。

まとめ

MacBookのバッテリーも最先端の技術が使われていますが、劣化はしていきます。

やはり昔に比べるとバッテリーの持ちも充電しすぎても悪くはなりません。

昔の人からするとびっくりですよね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました